Article♯2

新ドラマ情報をはじめ、韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「富者の誕生」ソンジル-パクチョルミン-ユンジュサン、名品助演がやってきた

http://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=700800&g_serial=474030ソンジル、パクチョルミン、ユンジュサン・チョンハニョンら、名品演技でブラウン管とスクリーンで活躍している俳優たちが団結して '名品助演'の真価を発揮する。

これらウェルメイド助演軍団はチヒョヌ・イボヨン主演のKBS-2TVの新しい月火劇「富者の誕生」に合流、劇の楽しさをより一層加える予定だ。

まず、コミカル演技の達人ソンジルは劇中、いつも社長になりたい夢を持って生きる男ウビョンド役に扮する。 '柄だけ財閥'であるソクボン(チヒョヌ)の親しいガンウの母方の叔父で、数十回の事業の失敗で積もった経験を土台に、事業アイテムと失敗の原因を把握するのには高段者になった。後にソクボンの諸葛亮役をするようになる。

特有の洒落演技の世界を構築している俳優パクチョルミンは、ソクボンがハウスメンとして働いているホテルのキャプテンで登場する。ホテルオーナーの一人娘と同時に '気難しいお嬢さん' シンミ(イボヨン)がホテルに登場すると、少しも身動きとれず、ハウスメンたちをジリジリと苛める人物だ。

ドラマ「アイリス」で、独特のキャラクターであるNSS科学捜査室長役で多くの愛を受けたユジュサンは財界第一位オソングループの会長イジュンホン役を引き受ける。最高の富豪らしくカリスマがあふれる人物で、女である娘には企業を譲ることができないという確固な企業観を固守、一人娘であるシンミを '生計型財閥女'で作る。

「アイリス」で大統領の秘書室長役を引き受け、カリスマ演技を繰り広げたチョンハニョンもソクボンの親しいガンウの人の良い父親で登場、助演軍団に力を加える。

「富者の誕生」の制作社であるダダ側は「今回の作品は富者の姿を描くことに止まらず、自ら努力して道を探せば皆が現代人のロマンである富者になることができるという主題を伝達するドラマ。」と話し「主人公たちの '財閥追撃' 過程を通じて、視聴者たちも成功の秘密を習得して真正な勝者になる道を見つけることができるようになってほしい。」と明らかにした。

去る28日、本格的な撮影に突入した「富者の誕生」は来る 3月 1日 '富者になるプロジェクト'の初砲門を開く。

ワンミギョン記者 mkhong@joynews24.com

[joynews24]2010/ 02/ 05 10:49
【過去の記事】
イシヨン、 '韓国版パリス・ヒルトン' になる‥「富者の誕生」にキャスティング (2010/02/05)
イボヨン-チヒョヌ、「勉強の神」後続作の主演に確定/ナムグンミン、「勉強の神」後続作の主演に確定‥3年ぶりのお茶の間復帰 (2010/01/26)

~スポンサーリンク~
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事です。
2009/12/31までの記事はこちら

全ての記事を表示する

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。