FC2ブログ

Article♯2

新ドラマ情報をはじめ、韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イウィジョン、「産婦人科」産婦で特別出演

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2010020110112529487俳優イウィジョンがSBSの新しい水木ドラマ「産婦人科」に産婦でびっくり出演する。

イウィジョンは来る 3日スタートの「産婦人科」で、産婦ヨンイム役を引き受けてチャンソヒと呼吸を合わせる。ドラマの中で彼女は、一瞬の間違いで浮気をし、赤ん坊が夫の子なのか内縁の男の子なのか確認するため、ヘヨン(チャンソヒ)に密かに赤ん坊の血液型を問う姿を披露する。

撮影は先月初め、イルサンのセット等地で進行された。劇中、陽気で明るい性格を持ったヨンインを表現するためイウィジョンは、「夫がO型で私がB型だ。でも、その男がA型だった。A型やAB型が生まれてはいけない。」などの台詞を特有の口ぶりで披露、周りの笑いを催した。

彼女は「2005年の'ルル姫'以後、空中波ドラマには 5年ぶりに出演して感慨無量だ。」と所感を伝えた。

「クリスマスに雪が降るでしょうか」後続に放送される「産婦人科」は、産婦人科で開かれる愛と選択、成長を扱ったメディカル人生ドラマで、チャンソヒが女医ソヘヨン役を、そしてコジュウォンとソジソクがそれぞれ小児科医イサンシクと産婦人科医ワンジェソク役を引き受けて熱演する。

一方、1989年に「ポポポ」でデビューしたイウィジョンはシットコム「男3人女3人」「三人の友達」、ドラマ「ただ今恋愛中」「ルル姫」などと共にラジオDJとしても活動、多くの人気を呼んでいた去る2006年、脳腫瘍にかかって治療のために活動を中断した。去年10月、SBS「強心臓」に出演、脳腫瘍闘病当時ダイエットをするしかない事情を公開して視聴者たちの胸をジーンとさせた。

イムヘソン記者 lhsro@asiae.co.kr

[アジア経済]2010.02.01 10:22
【過去の記事】
ヒョニョン、「産婦人科」で妊娠したトップスターでびっくり出演 (2010/01/25)
ソンジュンギ、「産婦人科」で粗忽者医師に変身 (2010/01/25)
‘視聴率製造機’ チョンホビン、「産婦人科女医」で復帰 (2010/01/25)

~スポンサーリンク~
   
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事です。
2009/12/31までの記事はこちら

全ての記事を表示する

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。