Article♯2

新ドラマ情報をはじめ、韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「同伊」の主人公、年令層ぱっと下げた…パクハソン‘仁顯王后’にキャスティング

イビョンフンPD“若い演技者たち、新しい顔で勝負”

http://www.cbs.co.kr/nocut/Show.asp?IDX=13680002010年最高の期待作として関心を集めているMBCの大河史劇「同伊」(シナリオ/キムイヨン・演出/イビョンフン)が若い演技者たちで勝負を賭けるという抱負を現わした。

「同伊」のイビョンフンPDは最近、ノーカットニュースとのインタビューで「主演級である仁顯王后役に新鋭パクハソンをキャスティングした。」と明らかにした。去る2005年、SBSドラマ「愛は奇跡が必要」でデビューしたパクハソンはドラマ「京城スキャンダル」「王と私」「伝説の故郷」「ただ眺めて」など多数の作品に出演したが、相対的に認知度が高くない俳優。

イビョンフンPDは「初めはパクハソンという俳優をよく知らなかった。‘同伊’のキャスティングが続いているという消息に、dcinsideなどインターネットコミュニティサイトでファンが多くの俳優たちを候補に挙げてくれたが、その中でパクハソンが2008年、「王と私」に廢妃 慎氏に出演した当時、写真が目立った。初々しいながらも気品あふれる姿が、これまで描いて来た仁顯王后像にぴったり合い、キャスティングを決めた。」と説明した。

イビョンフンPDは主人公同伊役には20代中盤のハンヒョジュを、張禧嬪役に相対的に若い俳優であるイソヨンを起用した。ハンヒョジュとパクハソン共に1987年生まれで、イソヨンは1982年生まれだ。イジェリョン・ファンスジョン・ イヨンエ・イソジンら主に30代の俳優たちと呼吸を合わせてきたイビョンフンPDとしては、破格的な冒険を敢行したわけだ。

これと関連、イビョンフンPDは「毎回、作品をする度に‘イビョンフン印の史劇は似ている’という指摘があるというのは知っている。 今回の作品では、このようなネチズンたちの指摘を謙虚に収容しようと、今まで一緒にしてきた俳優たちを起用しないつもりだ。‘イサン’の主演級俳優11人も皆キャスティングしなかった。若い俳優、新鮮な顔で新しい作品を披露したい。」という抱負を伝えた。

「同伊」は英祖の母淑嬪崔氏の生を描くドラマで、「大長今」「イサン」を演出した '史劇の大家' イビョンフンPDが演出を、「イサン」のキムイヨン作家が執筆を引き受けた。ハンヒョジュ・イソン・パクハソンの他、チジニが肅宗役を、ペスビンが同伊を一生欽慕する剣客チャチョンス役を演じる。この他にもチョンジニョンが捕盗庁総管ソヨンギ役を、キムヘソンが同伊のメントである尚宮役にキャスティングされた。この他にもキムユソク・イジョンギルらの出演が確定した。

主要キャスティングを終えた「同伊」は2月末頃オープンセット工事を終えた後、撮影に突入する計画だ。「パスタ」後続で 3月頃放送予定だ。

チョウンビョル記者

[ノーカットニュース]2010-01-15 19:14
【過去の記事】
イソヨン、MBC「同伊」でチャンヒビン役にキャスティング (2010/01/15)
ペスビン、「同伊」でハンヒョジュを守る剣客にキャスティング (2010/01/07)

~スポンサーリンク~
   
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事です。
2009/12/31までの記事はこちら

全ての記事を表示する

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。