FC2ブログ

Article♯2

新ドラマ情報をはじめ、韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンソンジン、ソウの叔父で「シンデレラの姉」に合流

http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=201002191706151115&ext=na俳優カンソンジンがKBS水木劇「シンデレラの姉」に合流する。

カンソンジンは 3月 31日にスタートするKBS水木劇「シンデレラの姉」で、クテソン(キムガブス) 前妻の末っ子の弟と同時に、ヒョソン(ソウ)の叔父ヤンヘジン役を引き受けて個性派の演技を披露する。

カンソンジンが引き受けたヤンヘジンはクテソンと結婚した大きいお姉ちゃんに頼って生き、結局その姉が死んだ後も 'テソン都家'に居座る人物で、別に基盤がないだけに 'テソン都家'に骨を埋めなければならない状況だ。

実利はないが人が良い面目を保ち、仕事に対してだけは融通の利かない徹底的なクテソンと雇用人たちの間を適切に調和させる 'テソン都家'の実務者として活躍を繰り広げる。しかし、新しく家族になったソンガンスク(イミスク)とウンジョ(ムングニョン)に対してだけは、妙な競争心と危機感を持って絶えず疑惑の目を送るようになる。

カンソンジンは1991年、映画「十九の絶望の末に歌う一つの愛の歌」でデビュー、「妻殺し」「トゥー・カップス」シリーズ、「逹磨よ遊ぼう」「光復節特使」「シルミド」「野獣」などに出演、幅広い演技を聞繰り広げて来た。また最近、ドラマ「二人の妻」で個性ある演技を繰り広げて好評を博した。

「シンデレラの姉」の制作社A-Story側は「演技派俳優カンソンジンが個性ある演技でストーリーに力を加えてくれることと思う。」「名品助演たちの合流で 'シンデレラの姉'がより一層豊盛になった。」と期待感を現わした。

一方、「シンデレラの姉」は「ピアノ」「春の日」のキムギュワン作家と「ぶどう畑その男」を共同演出したキムヨンジョPDが手を握って作る作品で、ムングニョン、チョンジョンミョン、ソウ、オクテギョンらがキャスティングされて関心を集めている。

「シンデレラの姉」は童話の「シンデレラ」に絶妙の反転を混ぜた内容で、シンデレラー家に入城した継母の娘、すなわちシンデレラの姉がシンデレラを見て自らのアイデンティティを見つけるという話を通じて '女性のための童話'を描き出す予定だ。

ムンテギョン記者 mtk@mydaily.co.kr

[mydaily]2010-02-19 17:17:27
【過去の記事】
キムガブス、ムングニョンと7年ぶりに父娘演技で呼吸 (2010/02/18)
俳優イミスク、「シンデレラの姉」のFemme Fataleママで (2010/02/12)
2PMテギョン、ムングニョンと呼吸?「シンデレラの姉」にキャスティング確率高い (2010/01/26)

~スポンサーリンク~
   
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事です。
2009/12/31までの記事はこちら

全ての記事を表示する

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。