FC2ブログ

Article♯2

新ドラマ情報をはじめ、韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムガブス、ムングニョンと7年ぶりに父娘演技で呼吸

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2010021814175374190&type=1&outlink=1俳優キムガブスが映画「チャンファ、ホンリョン」以後7年ぶりにムングニョンと父娘で再会する。

キムガブスは 3月31日スタートするKBS-2TV水木劇「シンデレラの姉」で、ウンジョ(ムングニョン)の新しい父親と同時にヒョソン(ソウ)の実父であるクテソン役を引き受け、特有の男らしい演技を披露する。

キムガブスは 2003年、ホラームービー「チャンファ、ホンリョン」でスミ(イムスジョン)、スヨン(ムングニョン) 2人の姉妹を義母に預けたまま、傍観者の立場で一貫した父親ムヒョン役を引き受け、当時16歳だったムングニョンと呼吸を合わせた。

しかし、「シンデレラの姉」ではウンジョ(ムングニョン)が腹違いの娘という事実のため、もしかして傷つくのではないかと細心の気遣いをし、気配りする新しい父親で登場、7年前とは180度変わった面貌を誇示する予定だから関心を集めている。

キムガブスの引き受けたクテソンは、マッコリの名家として聳え立った'テソンドゥカ'を一から編み出した立志伝的な人物だ。

妻が世を去った後、実娘ヒョソンにすべてを注いで生きて来たお陰で、仕事ではカリスマあふれる面貌を見せていながらも、ヒョソンにだけは雪が溶けるように柔らかくなる男だ。

若い時代、仕事に狂ってちゃんと世話をすることができなかった妻に対する原罪意識のため、再婚しないと念をおしながら生きて来たが、ソンガンスク(イミスク)の誘惑に陥るようになった後、新しい娘ウンジョまで新しい家族に迎えるようになる。

キムスジン記者

[star.mt.]2010.02.18 14:35
【過去の記事】
俳優イミスク、「シンデレラの姉」のFemme Fataleママで (2010/02/12)
2PMテギョン、ムングニョンと呼吸?「シンデレラの姉」にキャスティング確率高い (2010/01/26)

~スポンサーリンク~
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事です。
2009/12/31までの記事はこちら

全ての記事を表示する

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。